風俗店のSEOと言えばブログの執筆だけど…

ブログが良いと分かっていても何を書けば良いのか分からないと言う声をよく頂きます。
風俗店のブログの成功事例を紹介しますので、参考にして下さい。

大原則は店舗のコンセプトに即したブログテーマを選ぶ

GoogleのSEOの順位決めの基準の一つ「検索キーワードとの関連性と専門性」です。
面白いネタよりも、忠実に店舗のコンセプトを遂行した記事を書き続ける事が何より大切です。

エステ店でのアロマの研修内容をレポートする

研修ブログ

研修を行っている事でのブランドアピールと、エステに関するキーワードが豊富に入って来ます。

素人店で常に新人入店速報と店長面接写真をアップする

新人速報

あえて宣材ではない写真をアップするという事が、素人らしさのアピールを出来ています。
素人コンセプトの場合は体験入店というキーワードが「共起語」で重要です。

そもそもSEO対象にするキーワードを見直す必要が有るかも

よく風俗店からの依頼で多いキーワードは「地名 + 風俗」です。
実際にそうしたキーワードのSEOも請け負うことは御座います。

福原紹介例「地域 + 風俗業種」で上位表示したいなら作るべきページ

そもそも検索される回数が多く、露出を増やしたいと考えれば当然上げたいキーワードですが、
実は競争が激しい割には、効果が薄いので原則オススメしていません。

「地名 + 風俗」のSEO対策がオススメ出来ない理由

業界全ての店舗を指し示す事になり、貴店の客層に合わないユーザーも多く含まれます。
下記は極端な例ですが、ミスマッチが多く発生します。

  • 若い女の子が好きなユーザーに人妻店
  • 安く遊びたいユーザーに高級店

ブログの記事のテーマが「検索キーワードとの関連性と専門性の高さ」を満たす為には
ミスマッチを減らし、ユーザーが求めた情報が提供されていると、Googleへ認識させる事が必要な対策です。

共起語を意識したキーワード選定

少し専門的な話に掘り下げますが、「共起語」という言葉を意識してブログを書く事が有効です。
「共起語」とは、ある言葉が文中に使われた時に、その文章内に頻繁に用いられる単語の事です。

例えば、「デリヘル」という言葉の共起語は、「エリア」「ホテル」等です。
参考:共起語検索

風俗店のホームページを見れば、呼べる「ホテル」の事や、出張できる「エリア」等、デリヘル店でよく使用される言葉です。
逆に、「サイト」と「ホームページ」は同義語になるので、共起語に値しません。

共起語を使用する事がSEO上評価される訳では無い

Googleのクローラーが文章の意味を理解して評価するという事ではなく、キーワードの網羅性が必然的に高くなる為
「ユーザーが真に求める情報に近い形になり易い=優れた文章に多く見られる」という所以です。