業界の方ならご存知と思いますが、性風俗店は国内カード会社の加盟店に成る事が出来ません。
しかし海外であれば、加盟店になってカード決済が出来ると勘違いされている方が多いです。

カード業界の構図含め、風俗業界でどの様にカード決済を導入しているか解説します。

カード業界の構造とカード決済の仕組み

カード会社と言っても、実は業務によって幾つかの種類が有ります。
下記、カード会社と加盟店の契約関係を表した図式です。

参考:国際ブランドカードの関係者と契約関係

  • カードブランド

    皆さま誰でもご存知の、「VISA」や「JCB」という国際ブランドです。
    カード会社の頂点とも言え、他のカード会社にルールを強制して業界を支配しています。

  • カードイシュア

    日本国以外は殆どが銀行が行なっているのですが、カードを発行する会社です。
    国内では「三井住友VISAカード」や「TOYOTAファイナンス」等、信販会社が中心です。
    又、「JCB」は世界でも珍しくブランドとイシュアを兼ねた会社です。

  • カードアクワイアラ

    風俗店が直接関わるのがアクワイアラと呼ばれている、加盟店の開拓業務を担う会社です。
    自らが開拓した加盟店の管理、契約イシュアに対して料金の徴収、加盟店へ入金を行います。

  • 決済代行業者

    カードアクワイアラと加盟店の間に立って、債権債務の中継を担う会社です。
    詳しくは後述しますが、開拓業務や入金管理など実質的な加盟店管理に近い事を行います。

決済代行業者は実は加盟店だったという話

性風俗店はカード業界ではハイリスクマーチャント(リスクの高い加盟店)と呼ばれており、
カード会社の加盟店審査に通す事は不可能であると言われています。

そこで、決済代行業者は自分自身がカード会社の加盟店となり、自分自身の決済レーンを
性風俗店等のハイリスクマーチャントに使わせるという仕組みを取っています。

これをカード業界では包括加盟契約と読び、便宜上加盟店と呼んでいますが、正式な加盟契約とは異なります。

包括加盟契約の図式

カードの利用明細に店の名前が出ないのはお客様の為ではない

カードの利用明細に店舗名が出たら、奥さんにバレて困るというお父様方の為ではなく、
決済代行業者が取得した加盟店名を、使わせている為にこうした現象が起きています。

決済代行業者を使う上での風俗店のリスク

貴店が真面目に写真通りの女の子を連れていても、同じ決済代行会社の別の店舗が写真と違う振替の女の子を付け回して、お客様からクレームが多数来た場合には、チャージバック(クレームによる返金命令)が決済代行会社に対して課されます。

チャージバックは性質的に、忘れた頃に課される事が多く、決済代行業者の資金ショートが起き、倒産する可能性が有ります。

風俗店は、決済代行業者の事業停止によって、売掛金の資金回収リスクが生まれます。
関連:カード決済代行会社がなんの報告もなく急に潰れた

安心な決済代行業者を選ぶ基準

上場している企業は無いので、経営状態は把握する事が難しいので資本金で決めるべきです。
アナザーレーン(7,000万円)、スターペイメント(1億円)の2社が運営実態が明確です。

備考
※性風俗店という言葉を使っているのは、同じ風俗営業であっても、キャバクラやガールズバー等の社交飲食業は加盟店に成る事が可能です。
セクキャバに関しても、社交飲食業として加盟店扱いに成る事が確認できています。