コンテンツSEOとか、ユーザーの求める事とか「よく分からん!」という話をよく聞きます。
そんな方にもGoogle先生が求めてるSEOが直ぐに分かる解説を試みます。

人間の会話の様な検索結果を出してくれる

「Androidの方向がおかしい」という口語的な検索クエリに、正しく最適な解を出しています。

一昔前まで検索クエリに含まれたキーワードをタイトルに入れなければ上位表示れませんでした。
つまり「Androidでコンパスの挙動がおかしくなったら」というページの方が上位表示されるはずです。

Googleは既に検索クエリからユーザーの真意を、検索した意図を解釈しています。
これが関連性の高さという本当の意味です。

AIが検索順位を決める時代に突入するか

少し話は脱線しますが、ITベンダーの大手各社はAI戦争に突入しています。
IBMのWatsonや日本であればソフトバンクのPepper然り、当社としてはAI戦争はGoogleが勝利するものと確信しています。

AIは機械学習を行う事が出来、人間が問題を与えて、答えを導き出す度に進化していきます。
Googleは全世界中の人間が常に検索という問題を与え、順位という解を出しています。

検索キーワードは口語的な表現では有りませんでしたが、Androidの音声検索、CMでもよくやっている「OK!Google!」の合言葉で会話に対応するようになっています。
「Androidの方向がおかしい」というクエリの解は、AI時代のSEOの始まりを予期しています。

Googleが他にも指標にしているポイント

検索クエリの解釈以外にも、ユーザー自身のプロファイルを基に検索結果をカスタマイズします。

  • ユーザーの現在地

    接続しているIPアドレスから大まかな位置情報を把握する事が出来ます。
    今まで「名古屋 風俗」と検索しなければ、名古屋の風俗店は表示されませんでしたが、
    名古屋から「風俗」と入力するだけで、名古屋の風俗店が優先的に表示されます。
    関連:「地域 + 風俗業種」で上位表示したいなら作るべきページ

  • 検索履歴

    パーソナライズ検索として、自分から検索したクエリをGoogleは覚えていてくれます。
    過去に何度も閲覧しているサイトを定期的にチェックできる様に上位表示させる仕組みです。

つまりSEOは関連性の高さで勝負すべきである

風俗店に限れば「風俗」というビッグキーワードより、専門キーワードで勝負するのが懸命です。
際たる例が「地名 デリヘル 女子大生」等の、在籍する女の子のコンセプトである。

「女子大生も在籍している店」と「女子大生しか在籍しない店」では、女子大生というキーワードに関して、どちらが関連性が高いのか、誰もが火を見るよりも明らかです。

自分の店舗が戦うべきキーワードを発見する事もSEOに大事な戦略です。