風俗店のSEOでもコンテンツSEOに従う事が効果的である

コンテンツSEOと言われてもピンと来ない方に風俗店向けのSEOで適切な解説を行います。
殆どの風俗店が出来ていないからこそ、きちんと対策出来れば確実性が高い施作をお教えします。

「地域 + 風俗」で上位表示するには地域ページが必要です

「福原 風俗」で上位表示させたいのであれば、福原に関する情報ページを作り込む事です。
弊社の制作実績としても紹介しております、下記サイトが福原の地域ページ参考例です。
福原のソープ街マップ

福原というソープ街に関する「オリジナルマップ」「アクセス情報」「停めやすい駐車場」等の
付加価値を与えて、福原に関するコンテンツを作り込んでいます。
現在の「福原 ソープ」の検索順位は1位です。(2017年1月時点)

地域ページとして有効なコンテンツのテーマの例

利用できるホテルリストを少し詳しく解説する

単にホテルの一覧を載せるよりは、向かわせた女の子にホテルの内装などを撮ってもらい
設備や備品等の客観的な評価を載せて行くという事も貴重なコンテンツとして扱われます。

近所の美味しいラーメン屋を紹介する

全くテーマが異なると思われるかもしれませんが、歓楽街にはラーメン屋が乱立しています。
そんな歓楽街で働く、いわゆる地元の人の評価というのはユーザーにとってニーズが高いコンテンツです。

風俗店に間違えそうなラーメン屋さんの看板、味は確かです

スタッフブログと題して、地域の歓楽街を取り上げることには効果が有ります。
「地域+風俗」の内、風俗については勿論十分なコンテンツが確保されている為、
残りの地域要件を満たせば、対象のキーワードでの効果が高く評価される事になります。

コンテンツSEOに従う事が重要である理由

他業種ですがコンテンツSEOの成果を実証した事例を紹介させて頂きます。
業種に関わらず風俗業であっても、googleからの評価を高める方法が分かります。

DeNAのウェルクはコンテンツSEOで上位表示を実現していた事例

2016年にDeNAの経営陣が謝罪にまで追い込まれた事件が有ります。
医療というテーマを素人に書かせた事に社会的な責任問題が有りましたが、
SEOという観点からは大変に参考になった事件です。

コンテンツSEOという手法でSEOスパムを行なった

その手法は2つの軸によって構成されていると思います。

      ・1記事当たり8,000文字以上という長文の文章
      ・1日に100記事以上を量産し続ける

もはやサイバーテロという表現が近い程の質量でコンテンツSEOを行なったと言えます。

網羅性の高いサイトはSEOの評価が良いという事である

1日に100記事を量産、サイト内に1万以上の記事が有ったとすれば、大抵の検索ワードについて
該当する記事を書いてる事になり、多種多様な検索ワードであっても、
何れかのページはヒットするロングテールSEOのモデルと成るであろう。
ロングテールSEOとは?

被リンクSEOよりコンテンツSEOに注力させるべき話

弊社記事でも被リンク効果よりコンテンツSEOのみで検索上位に表示させた事例が有ります。
被リンク無しでも上位表示達成した話 | 風俗SEO