遅延にお困りの皆様
バウンスレートは1%未満に抑えられていますか?

唐突にこの質問に答えられますか?
もし不明でしたら、この記事は貴店のお役に立てるかもしれません。


弊社でのメルマガ配信効果測定表です。

弊社では1時間に1万通を超えるメール配信を行なっています。
一般業種と異なり、配信が難しいと言われる分野ですが特に目立った遅延は有りません。

例え、それが皆さんが送りたい、夕方や夜間にかけても問題なく配信しています。
特別なノウハウが有るかと言われれば、特にそのような方法は無く、当たり前に求められている
大量配信のルールを守って運用している為です。

遅延に悩まされている方は下記の項目をチェックしてみて下さい。

メールアドレスのバウンス処理を行っているか

バウンス処理を行うことが最も大切な配信ルールです。
バウンスとは、何かの理由によって相手方にメールを配信出来なかった場合に、配信出来ない理由を知る手段です。

一般的にはエラーメールと言われ、例えば
相手方のメールアドレスが変わった等で存在しない
自分のメールアドレスを受信拒否されている(受信許可されていない)

相手方のメールボックスが一杯で受け取る事が出来ない
相手方のメールサーバーが処理能力を超えていて受け取れない

以上の様な理由で、メールを受け取って貰えない事の通知をバウンスと呼んでいます。
色分けしているには、理由が有ります。

赤字に関しては、恒久的な理由で受け取る事が出来ません。
青地に関しては、一時的な理由で受け取る事が出来ません。

恒久的な理由で受け取る事が出来ないユーザーには、何度送りつけても永遠に届く事は有りません。
一度でも恒久的な理由で送信出来なかったユーザーは、送信リストから除外する必要が有ります。

なぜバウンスの処理をする必要が有るのか?

Gmailや携帯キャリアの受信メールサーバーは、送信メールサーバーが信頼出来るのか?
受信する度に独自のルールで評価をしてきます。

信頼出来るメールサーバーからは優先的に受信を行い、信頼出来ないメールサーバーからのアクセスを
制限する、あるいは拒絶する仕組みを持っています。

存在しないメールアドレスに大量に配信を試みるメールサーバーは信頼性が低く、
受信の優先度を下げる事に繋がっています。

では具体的に、どれだけの送信不能なメールアドレスに送信を試みると、信頼出来ないと言われるのか?
この答えは冒頭の「バウンスレートは1%未満に抑えられていますか?」が正しく答えです。

例えば、メルマガ会員が1,000人いた場合、10人以上存在しないメールアドレスがいた場合
信頼出来ないメール配信元で有ると判断されてしまいます。

以前はもっと緩い基準で有りましたが、昨今の迷惑メール事情から厳しい値を課されています。

ただ、正確にバウンス処理を行っている場合、実は楽にクリアできる数値です。
弊社ではバウンスレートを正確に測定する事を心がけておりますが、0.01%程度に抑えています。

その為、受信メールサーバーから信頼出来る配信元として扱われています。

配信停止のリンクをメルマガに埋め込んでいるか?

折角メルマガ会員になってくれたのに、簡単に配信停止処理をされたら嫌ですか?
でも、この処理を加えないと、また信頼出来ない配信元として扱われてしまう事になります。

例えばGmailを開いている時に、以下の様なボタンが有りますよね?

この中のビックリマークのボタンは「迷惑メールを報告する」というボタンです。
本来は同意無しに送りつけるスパムメールの報告を行う為の機能なのですが、
メルマガ配信を止めたいユーザーも安易に押されてしまうボタンなのです。

恐らく貴店からのメルマガに配信停止の案内が見つからない場合、面倒になって押されてしまうかもしれません。
当然ですが、迷惑メール報告を多数から受け取れば、信頼出来ない配信元になり下がります。

その為、簡単に配信停止ができる様にメルマガには必ず、配信停止を簡単にできる様に設計する事が
ユーザーの為でも有り、貴店の為にも成ります。

一度に大量のメールを送る事を辞める

複雑な話ですが、受信メールサーバーは貴店の配信を常に評価しています。今は信頼出来ない配信元であっても
前項の配信ルールを守る事を続けていけば、段々と信頼性を高く評価し直してくれます。

然しながら、信頼性が低い段階では少量のメールずつしか受け取る事をしません。
その為、受信側に合わせて少量のメールを少しずつ送る事が推奨されています。

会員の属性で送信内容を変えて一度に送る量を減らす

例えば、弊社のメルマガシステムの会員検索条件の一部です。

少し手間ですが、会員ランクの高い方、優良顧客や常連様には特別なメールを配信するべきです。
弊社では店舗様に「優良顧客で1ヶ月以上来店が無い」という条件で、特別な料金での案内メールを送っては?と提案しております。

手前味噌で恐縮ですが、弊社の制作している風俗CMSでは、風俗CTI、会員管理システムと連携をしており
メルマガ会員にも、利用履歴に準じた区分を実現する事が可能です。
風俗ホームページ制作とCMSのご案内

そうした区分分けを行い、少量ずつ分けて配信する事で信頼を取り戻していく事が可能です。

もし、現在お使いのメルマガ配信機能に、開封率やバウンスレートが分からない場合は危険な機能を使い続けている事になっています。
貴店の大切なホームページのドメインの評価が下がっているという事です。

使っていては危ないメール配信業者の見分け方

逆にメール配信を専門業者に委託しているのに、遅延が起きてしまう場合の見分け方を紹介致します。

国内の分散されたIPを大量に持っています

これは非常に危険で、一昔前のSPAMメールの配信技術です。
再三信頼性を弊社では重視してコメントしておりますが、IPアドレスにも信頼性の評価が有ります。

IPアドレスは同じIPを大切に使って、信頼性を得る、これを専門的にレピュテーションを得ると呼んでいますがその事が重要です。
その為、分散IPというのは理に適わず、現在の送信技術に追いついていないと言えます。

エラーメールの事に何ら制限や説明が無い

配信業者であれば、契約獲得よりも自社のメールサーバーの信頼性を守る事が重要です。
弊社も店舗様にバウンスレートの厳しい監視をいており、新規の加盟店様の送信数を制限する仕組みを備えています。
その品質担保の仕組みが、弊社のメルマガは遅延なく届くという担保になっています。

その為、もしバウンスレートが初耳であった場合には、業者選択の再考の余地が有るかもしれません。